パジャマでごろんと日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 嵐コンサート2014「THE DIGITALIAN」in札幌 12/12

<<   作成日時 : 2014/12/25 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」in札幌 12/12



今さら何ですけど、書き逃していたレポを保管していこうと思います。

2014年も札幌行ってきました!
そろそろ東京当たらないかなぁ……。


はじまる前の各メンバーの心拍数
 ・相葉84
 ・潤120
 ・ニノ87
 ・大野93
 ・翔78
コンサートがはじまると、相葉くんが117、潤が144に。


冒頭


ニノ「いらっしゃいませー! いらっしゃいませー! 嵐が来たぞー!! 寒さを吹っ飛ばそうぜ!!」
相葉「盛り上がってるぅ〜?もっとちょーだい!もっと!もっと!デジデジしようぜ!!」
翔「アラシアーン!調子はどうだ?調子はどうだ?」

・迷宮にのあいトロッコ。ニノが相葉くんが追いついてトロッコに乗るのを待って(ちょっとエスコートぽく先を促して)一緒に乗り込む

・バクステに相葉櫻井ニノが集結してたとき、曲の間奏に、ニノがDaigoくんのロックダンスをし出して櫻葉が爆笑→すれ違いざまに相葉くんがニノにちょっかいだしてわちゃわちゃしてたのが、12日わたしが1番近くで見たにのあい。かわいい顔で笑ってた。


MC



翔「いやー久々に来たね、札幌!お待たせお待たせ!」
(会場:イエー)
潤「今のはイエーでいいの?」
翔「うん、だいたい合ってる。だいたいのことはイエーでうまくいく(笑)」

メインステージにそれぞれの心拍数が出てる話しから
翔「松潤173とかだったじゃん!」
ニノ「身長じゃん!」


■ディスコスター様のミス



翔「今日のディスコスターすごかったね!」
相葉「ディスコスターの基準が自分でも分かんなくなってるの」
ニノ「第一声がもう『うぎゃあ!』って。標準をディスコスターに合わせて来てるよね!
相葉「嵐に合わせてるよ!!」

ニノ「ビタスイの『誰よりも〜』Jの見せ場ですよ、この人(相葉)1番しものところで(その場で準備運動ぽい激しい足踏みをする相葉くんのマネ)」
相葉くんがニノを追い掛けて蹴りをいれる
相葉「してない!」
ニノ「リーダーが振りつけてくれた振りを!」
翔「もう振り付け違う」
ニノ「ビタスイの後が自分のソロだからってディスコスターの準備してるの?」
潤「やった?やってないの?」
相葉「……やった、けど」
ビタスイのその振り付けのときのポジションと振り付けを実際再現してみるメンバー。
順番は相葉くん、智くん、じゅん、にの、翔ちゃん…離れたそのポジションからにの見てたの…
翔「相葉くん今日も早々から間違ってたよね」
相葉「松本さんの曲でミスして申し訳ない。足がつりそうで、こうやって(準備運動っぽい動き)」
ニノ「振りが仕上がってないってことですか?」
相葉「仕上がってます!!」
ニノ「最初のあいさつのときも終わるの方で気付いたのか、『楽しんでいこ……デジデジしようぜ!』って」着眼点がマニアック……
相葉「(デジデジ)マストなんで!」

そこから相葉くんがFNSのビタスイの振りも間違えていたという話題に。
大野「マッチさんのとこで安心したんでしょ」
潤「ほんと相葉くんってひとつ以上のことできないよね」
相葉「うう……」
翔「最後の(ミスは)映ってないんだよね?」
大野「うん、映ってなかった(笑)」
翔「最初の逆に戻ろうとしてたとこだって、(相葉くんが振り間違えたから)相葉くんのつぶらな瞳で目が合うの(笑)」
相葉「こっちも笑っているから、間違ってる感じがしないの」
ニノ「笑顔がすごいんだよね、笑顔がすごいんだよね」2回も……

潤「ニノもきょうテンション高いよね?オレが最初の挨拶も『準備はいいか!』ってとこ『イエッ!!!!』って。オレ階段で振り返ったもん」


■番宣タイム


明日の午前中デビクロくんの舞台あいさつがあるという話で、舞台あいさつ
相葉「1日中相葉くんでごめんね」
翔「反響あるんで」

相葉くんがデビクロくんの番宣をしている途中にニノがはけ、紙を持って帰ってくる。
ニノ「ついにいろいろ決まったんですよ。山が動きまして」
(紙に書いてあるらしい「オリエント急行殺人事件」「二宮和也の!日本調査スペシャル」「ニノさんスペシャル」の情報を読みあげる)
ニノ「見ないで言えた!!」
翔「見てたぁーー」
相葉「なんの調査すんの?」
二ノ「(おおげさに)日本に決まってんじゃないすか!!」あいばくんの質問って普通だったのににのみやさんのリアクション大きすぎ……さもすっごいおもしろいこと言ったみたいな……いやにのみやさんにとっては面白かったのかもしれないけど……
相葉「なんの(笑)?」
ニノ「東海道のなんちゃらっていう感じですね」

(櫻井さんの「大使閣下の料理人」の番宣)
翔「最初にドラマのお話もらったってとき、料理人……ってなっていきなりしんどいから、マネージャーに事前に練習できないかって言ったら、『もう(練習のスケジュール)やってます!』って」
相葉「ペーペーなの?」
ニノ「大使館の料理人がペーペーだったらどうなのよ」
翔「来週また撮影ですよ」
ニノ「(放送)間に合うの?」
翔「わっかんね。もし間に合わなかったらどうする?ピカンチでもやる?

翔「それから日曜日ZEROの選挙特番が…いや、これはいいか!コンサート会場で選挙番組見てくださいってのもね……。そういえば、この前期日前投票に行ったのね。その係もあ…っておもったんだろうね、『お疲れ様です!』って言われて。おれどんな立場?って思ったけど」

この流れで
ニノ「変態じゃねえの」
があったはずなんだけど、なんでか思い出せない……。でもメモ書いてたから、わたしの心に残ったはず。


■フリフラ? ファンライト?


12日ファンライト演出コーナーを潤が説明するものの潤「フリフラ、じゃなくてファンライト」「アリーナ…いやスタンドが」としどろもどれになり
潤「どうした? 大丈夫かオレ?」
翔「大丈夫だよ!なんも間違ってないよ!
光よりも翔ちゃんのフォロー素早かった。よい翔潤。


最後のあいさつ


*櫻井あいさつ


翔「MCでも話したけど、登場したときの景色が本当にキレイでした。昨日も背広着て選挙特番の仕事をしていて、日常の仕事をしていたんですけど、僕らにとってもコンサートは夢の時間です。同じ夢を見られてうれしいです。これからも冷めない夢を見て行きましょう」

*大野あいさつ


大野「約3時間弱キレイでした。ファンライトちゃんとやってくれて、一体感を感じられて良かったです。ことしは5人でいる時間がたくさんできて、15年ぶりに振り返ってスッキリできました。また16年目からやると思える気持ちになりました。ぜひ嵐を見捨てないでください」

*相葉あいさつ


相葉「ありがとう。本当にめちゃめちゃ楽しかったです。今日の翔ちゃんのソロの幸せってなんなの?って考えながらコンサートやってました。ここ、コンサートに詰まっているなと思いました。もしここに来れなかったら、この感情は味わえなかった。みなさんに感謝しています。
あんまりみんなに頼り過ぎるのもよくないかなと思うので、『Bittersweet』今日も間違えちゃったけど、僕は僕でがんばるので、みんなもがんばってください。
新しいツアーで一歩踏み出せるのが、嬉しく思います。15年めがゴールで、16年めがスタートでもないんですよね。キュンキュンしたり、ハラハラしたり、時間を共有できたのがうれしく思います。16年めもここに来ることを誓おう!先得で(笑)!」

*二宮あいさつ


ニノ「みなさん本当にありがとうございました。……(Bittersweetのときの相葉くんのその場で走るマネ)。はぁ、疲れた……ハハハ!笑っちゃう。なんとかフォンみたい(たぶんスマートフォンのこと?)電池の数字が少なくなってくると笑えるね、ここまでアー疲れると。」
翔「出しきったのよ」
ニノ「久々で。ほんとにありがとうございます。15年経って、こんな大きな会場でできるとは思ってなかった。自分たちは結構内気なので、解放的ではないので、こんなに自分たちを知ってくれている人がいて」

*松本あいさつ


潤「2008年からだから7回め? 札幌ドームでやらせてもらうのは、こんなにたくさんの人に楽しんでもらうのはうれしいね。(北海道だから)3日間もうまいもの食えるんだよ。繋がったタイミングはバラバラだけど、縁って言うのはすごいもんですね。その縁に巡り合ってくれたみなさんには感謝します。年1回、来年は3日以上おれはやりたいと思ってるんですが……(と後ろに振り向く)」
ニノ「JALの先得を用意して」
潤「大丈夫ですか、1日で疲れてる人が」
ニノ「大丈夫、ご飯食べたら治るから」
潤「(笑)。去年よりも席数は増やしているので。5人も体力を付けて次を楽しみにしているので。(またコンサートで会う日まで)体力をつけること、おしゃれをがんばること、キレイでいること。一緒に頑張って行きましょう!……(ちょっと照れ隠しっぽく)んっ、急に咳き込み始めた(笑)」
女子力講座を受けてる気分にw


感想


札幌いったときはコンサートの細かい仕掛けについての話もなかったしわからなかったけれど デジタリアンですきだったのが物語があるところ。
デジタルってアルバムのテーマに 誕生とか生命とか対極のテーマがコンサートにはあって メンバーが無機的に生まれるオープニングの映像とそこにある目いっぱいないのち(心拍数) 煌々とひんやりとした光が支配する会場とメンバーが奏でるみずみずしいデジタル音 対比が見事な寓話。
制御できるファンライトであえて観客に手動で操作させて作った光のウェイブもそれかなぁ……。
真っ白な空間でめざめたアンドロイドのようなオープニングの映像がすきすぎる……アンドロイド設定すきって言ったじゃないかぁ〜!

あいばくんのソロも これまでのようにあいばまさきとしてのソロじゃなくて ディスコスターという虚像をあいばくんがイメージして物語ってるっていうのが新鮮だった。
ドットコムなアイディアマンではあるけれど あいばくんってオタク的な妄想とかするタイプじゃ無さそう…ってイメージあるから……
サイケなシャツとファー、ラッパパンツに わかりやすい腹チラやユーモアのまぶしいダンス リアルなディティールと不思議なエグ見があった夢のディスコスター様……。
ディスコスター様が踊ってる間 スクリーンに映し出される色とりどりのスーツを着た相葉くんはきっと特定の誰かじゃなくて不特定多数のイメージで 誰だって心の中でスター願望あるんじゃない?ん?っていう誘惑してくる。
天真爛漫さを売りにしたままそれを逆手にとって滑稽なディスコスター様を気取ってるんだけど 相葉くんが本物のスターだから逆にスター性が際立ってしまうのは誤算なのか計算なのか。
ディスコスター様の祭典1回しか参加できなかったからとにかく双眼鏡でガン見してたけど いつの間にかだらしなく口あいてニヤニヤしてたしさながら週刊誌のエロ袋とじを真剣に開けるおじさんだった もう1回のチャンスがあったならコールとかめちゃめちゃ盛り上がりたかった……。

にのソロの演出は恥ずかしいほどにわかりやすかったですね……途中までスクリーン映像もモノクロでステージも地味だったのに Cメロの「まっしろな〜」で一瞬にしてカラーにステージがキラキラキュートに色づく キミに出会えてモノクロの世界が鮮やかに色づいた的な!!
100パーの笑顔って 帰り道は同じって 初めて素敵な季節と知ったって ケーキの上のイチゴみたいって ツボをおさえた愛らしい物語を キラキラかつクラシックに仕上げたロマンチックなにのちゃんソロ。

アルバムとシングルメドレーにわけたセトリがV6の15周年のときのReady?コンと一緒だなぁと思って その次が伝説のセクバニコンだったから嵐もきっと来年すごいことに……!という予想というか予感感じてる。


銀テープ&会場限定グッズ


画像

これも友だちからのもらいもの〜。銀テープ5色!


画像

友だちにもらったりして、会場限定グッズ4つ集めました。
今流行りのブローチですね。


画像

グッズは紫テーマ!



ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN(通常盤) [Blu-ray]
(株)ジェイ・ストーム
2015-07-29


Amazonアソシエイト by ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN(通常盤) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嵐コンサート2014「THE DIGITALIAN」in札幌 12/12 パジャマでごろんと日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる